ボズレーシャンプー副作用の恐れは?【使うメリットは?】

ボズレーシャンプー 副作用

 

ボズレーシャンプーは育毛剤ではありませんが、髪の毛に効果のある成分が入っていることは間違いないですよね。

 

その成分にはどんなメリットがあるのでしょうか。また、副作用などの心配はないのでしょうか。

 

副作用のあるシャンプーなんて聞いたことはありませんが、メリットがあるならデメリットもあるはずですよね。

 

副作用とまではいかなくても、なにかしらのデメリットがあるならばきちんと知っておきたいところ。

 

ボズレーシャンプーを使うことのメリットと副作用についてまとめてみました。

 

 

ボズレーシャンプーの成分の副作用

 

ボズレーシャンプーを使うことのメリットは、髪年齢が若返ることです。

 

この効果を引き出すのは、頭髪の根元に働きかけて髪にハリとコシを与えるリデンシルという成分。

 

育毛剤などによく配合されるミノキシジルという成分の2倍の効果があるということが確認されています。

 

初期の頃はミノキシジルよりも高い効果を得られるという触れ込みで紹介されることが多かったのですが、現在ではそういった表現は見かけなくなってきました。

 

というのも、ミノキシジルという成分は副作用があることでも知られている成分。高い確率でかゆみや発疹を起こすようです。

 

ミノキシジルよりも高い効果という表現をすると、リデンシルにはさらに強い副作用があるのではと思う人もいるのではないでしょうか。

 

確かにリデンシルはミノキシジルよりも育毛効果を期待できる成分ですが、ミノキシジルとは違い副作用の心配はありません。

 

 

リデンシルとは?

 

そもそも、リデンシルとはどういった成分なのでしょう。

 

リデンシルは、スイスの化粧品原料メーカーが開発した成分で、幹細胞の活動を再開させる作用があるほか、毛乳頭細胞を増殖させる作用があります。。

 

茶葉エキス、西洋赤松球果エキス、グリシン、ピロ亜硫酸ナトリウム、塩化亜鉛を原料とし、国内で使われるようになったのは2016年からです。

 

抜け毛や頭皮の炎症を防ぎ、髪の毛が成長するために大切な土台を生成するなど、複数の効果が期待できる成分です。

 

海外で行われた実験では、対象者の85%に増毛効果が確認されたという結果も。

 

育毛効果には高い効果を発揮するようですね。

 

このリデンシルは、育毛剤だけでなくまつげの育毛剤にも使われています。

 

目の周りに使うアイテムにも配合されているということは、リデンシルが危険な成分であるはずがありませんよね。

 

 

まとめ

 

リデンシルはまだ使われて間もない成分なので、副作用の有無はあくまでも理論上に限定されます。

 

ですが今現在、ボズレーシャンプーに考えられる副作用はないと言ってもいいのではないでしょうか。

 

リデンシルの原料も低刺激のものばかりなので、危険な成分だということは考えにくいです。

 

髪に高い効があることは間違いなさそうなので、まずはボズレーシャンプーのお試しセットから初めてみてもいいかもしれませんね。

 

>>ボズレーシャンプーの詳細はこちら